DATA

データ

土地面積323.99屐98.00坪)

住居面積134.53屐40.69坪)

DESIGN OVERVIEW

設計概要

「流麗の棟」と相まって、道路からなだらかに上がりながら入り込む、新たに造成された敷地での親子二世帯の二棟のうち、親世帯の住まいの計画です。周辺が丘陵のような造成地で、自然と光や風を採り込めるような、視線の広がりも望める敷地です。住み手はご夫婦と子、そして父からなる三世代のご家族で、各々の日々の過ごし方を重視したプランを目指しました。中心となる家族室は、回遊できる動線や南の庭へと延びやかに、勾配天井や間接照明と併せて日常を演出すべく、まさに個々の家族が集う場として存在しています。こだわりの趣味の空間や日々の生活における安全性をはじめ、複雑や要素が絡みながらももその答えに辿り着いた時、個々の望みが融合しながら響き合う、ここにしかないこの場に暮らす家族のための住まいが生まれました。

BUILD LIST