DATA

データ

土地面積291.87屐88.29坪)

住居面積122.55屐37.07坪)

DESIGN OVERVIEW

設計概要

敷地は親世帯と兄世帯の住まいの北に位置する一画です。高低差はあるものの、世帯を越えた交流を意図して、程よい距離感を保ちつつ、4台分の駐車スペースや、南には開放的なプライベートな庭を充分確保した計画となりました。地上階の中心を通り抜ける回廊には、この住まいの特徴でもある路地庭が設けられています。スリットとも言えるこの路地庭は、間接的にも光や風を採り込むと同時に、回廊に接続された各用途の空間を分節し、生活感の異なる空間をも自然とつなぎとめています。外でありながら内のようで、これから始まる日常の、より豊かな演出の仕掛けとして、存在しているのです。また、階段を上がると上下階の開放感を感じることができます。地上階の水平方向の内外の融合から、今度は上下間と空への融合へと誘われます。路地庭の存在によって、住まいの空間のつながりだけでなく、敷地の境界や世帯を越えて、家族みんながこれからもつながり続けますように。

BUILD LIST