DATA

データ

土地面積198.96屐60.18坪)

住居面積118.94屐35.97坪)

DESIGN OVERVIEW

設計概要

間口が広く、奥の境界が斜めという変形敷地での計画です。当初、2台分のカーポートとゲストガレージをはじめ、居住空間を構成していくには敷地奥の斜めの境界ラインの難易度が高くすんなりとはいきませんでした。そこで建物を道路に対して正面に構えるのではなく、奥の斜めの境界に沿って斜に構えることによって、シンプルな家事動線の基、勾配天井やオープン階段、畳スペースをも併設した大空間の家族室を中心に、光と風が採り込まれた心地よい住まいが生まれました。また、周囲からの目線も自然とずれることで、プライバシーの距離感も違ってくる効果も狙いつつ、建物以外の敷地の余白には、カーポートやゲストガレージ、そして家族室とつながるタイルテラスがすっぽりとはめ込まれています。斜に構えることによって成されたこのハスカマエノイエには、何かしらのキヅキを醸し出してくれるようなこれからの日常への願いが込められているのです。

BUILD LIST