DATA

データ

土地面積132.23屐40.00坪)

住居面積116.75屐35.31坪)

DESIGN OVERVIEW

設計概要

北側道路、東西に隣家、かろうじて南の敷地越しに空が仰げ、道路から奥に向かってすぼまるという土地での計画です。2台分の駐車スペースと1階リビングにおける南の庭空間の確保をはじめ、ほぼ敷地いっぱいのボリュームとなりました。主となるタタミスペースも含めた家族室は、屋根の向きを1スパンのみ変えて高さを抑え、天井いっぱいのハイサッシや道路面の開口部によって法的採光基準を確保しつつ、そのハイサッシと庭のデッキ空間によって内外との関連性と開放性が強調され、まさしく表の通りからは想像すらできない「隠れ庭」を創造しています。実現したい要望と限られたスペースゆえでの住まいの計画は、結果的には充実した各スペースは基より、デッドスペースを無くした収納利用やコロナ禍でのテレワーク対策等も踏まえたこれからの住まいの一つのカタチとして、これからの家族の日常を支えることが出来ればと願っています。

BUILD LIST