DATA

データ

土地面積172.00屐52.03坪)

住居面積97.69屐29.55坪)

DESIGN OVERVIEW

設計概要

ご実家に隣接する道路から少し高台になった敷地での平屋の計画です。道路からは奥に三角形にすぼまる変形敷地でもあり、必然的に建物をなるべく道路側に寄せつつ、敷地形状を最大限に有効活用しながらの計画となりました。まず道路からの高低差を吸収し、建物を強靭に支えるための擁壁を基壇として設け、その上に基壇とのバランス形状を考慮しながらのシンプルな長方形の片流れ屋根の平屋ボリュームが存在しています。そこから奥には、すぼみながらも各々の空間が機能的かつ合理的に配され、それらを大らかな切妻屋根で一体化した形状となっています。こだわり抜かれた住まいの核となる家族室は、一方で和室とつながり、更には南の陽光と空の風景を採り入れるべく、勾配天井に導かれた高窓と共に小上りの空間が広がります。平屋ならではの断面上の空間構成の変化は、これから始まる新たな日常に様々な演出をもたらしてくれることでしょう。

BUILD LIST