CLOSE

INTERVIEW 舞鶴・福知山・敦賀・福井・京都・大阪・兵庫 新築・注文住宅 オーナーインタビュー

Mさんご家族Gate Garage®︎ 家具と家族が住む暮らし。家構えの家

三角屋根のガレージが、住まう人をやさしく包み込む家。

DATA

データ

家族構成大人2人 子供3人

土地面積272.95(82.56坪)

住居面積139.11(42.08坪)

Gate Garage®︎ 40.48(12.24坪)

竣工日2017年10月

建築地福井県敦賀市

フォーレストとの出会いは?

ご主人
家を建てる計画はなかったんですが、近所にかっこいい家ができたので冷やかし気分で見に行ったんです。



憧れだったゲートガレージはフォーレスト初の三角屋根を採用。

初めて見たフォーレストの住まいの感想は?

ご主人
家具が好きで木の素材にも興味があるんですが、家具と床が自分の好きなチークでかっこ良くつくられていて新鮮でしたね。
奥さま
以前、他の住宅会社の家を見学したことがあったんですが、なんか個性がなくて、どれも同じに見えたんです。 でも、フォーレストさんの家は外観も素敵でしたけど、中に入ると想像以上に良かったんです。
ご主人
「夜景も綺麗」と聞いたので別の日の夜に見に行ったんです。こんな家に帰れるのって幸せだなーと感じて。
見学の帰り道で、家を持つのもいいかなって思っちゃいました。



オーク材のヘリンボーンの床はオリジナルのオーダー家具と統一され、豊かな暮らしを演出します。

見学会ではどんな話をされたんですか?

ご主人
家づくりについて、いろんなアドバイスを受けました。フォーレストデザインの横山さんはほんわかしてて(笑)、でも話は面白くて、内容も興味深く新鮮でした。
奥さま
とにかく一生懸命家づくりをしているのが伝わって、信頼できる会社だなと感じました。

家づくりにあたりどんな要望を出されたのですか?

ご主人
車が好きなのでゲートガレージはぜひ取り入れたかったんです。あと、自分一人で過ごす時間も欲しくて、広めの書斎は必須でした。
奥さま
私は料理が趣味なので、キッチンにはこだわりましたね。



ご主人のお気に入りの書斎は、好きがたくさん詰まった空間。



奥さまの夢が実現したオールステンレスのキッチン&キャビネット。

フォーレストはお任せスタイルですが、いかがでしたか?

ご主人
いろんな暮らしのスタイルや要望をしっかり聞いていただいて、皆さん1回目のプランでOKが出ているとフォーレストさんが言ってたんですが、本当かな?と思ってたんです。でも最初のプランを見せて頂いて、即OKでした!
奥さま
最初の手書きの図面に感動しました。ここの敷地の形を考えて設計してくれました。

これだけの住まいだと費用も高くなったのでは?

ご主人
自分が家を持てるとは思ってなかったので、しかもこんな立派な家(笑)。
でも最初から、しっかり予算計画をしてもらって、今払っている家賃並みの支払いで、自分たちのしたい暮らしができる家が建てれることが分かったんです。
奥さま
これだけいろんな要望が詰まっている素敵な家、コスパはかなりいいと思います(笑)。



3つある庭の一つの中庭は、住まいのあちこちから眺められます。

住んでみて気に入ってるところ、また不満な点はありますか?

ご主人
不満あります!あまりにもいい家過ぎて、子供が散らかしたり、壁を汚そうとするのを見るとイライラする点(笑)。
いいのは全部だけど、玄関を開けた瞬間、お気に入りのヘリンボーンの床とリビングに続くアプローチ、これを見るだけでも家に帰るのが楽しいです。
奥さま
階段上にある窓が絵画を飾っているみたいなんですよ。青空だったり、お月様だったり、いろんな景色が見れて暮らしていて楽しい気持ちになります。



庭を眺めながら歩く、洒落たリビングにつながるアプローチ。



階段上の窓は見るたびに違い、絵画のような景色を創ります。

お隣が奥様の妹さんの家だとか?

奥さま
妹夫婦も家を建てる気が全然なかったんですが、完成したこの家を見て「建てたい!フォーレストで!」ってなって。
私たちと同じパターン(笑)。



奥さまの妹さんご夫婦のお住まいと2棟並んだ、美しいゲートガレージの住まい。

これから新築を計画される方にアドバイスを?

奥さま
自分のしたいこと、希望をしっかりと伝えた方がいい。それに答えてくれそうにないと感じた会社は選ばない方がいいですね。
ご主人
そうそう、希望が叶わないと絶対に後悔すると思います。フォーレストさんは最初に「予算内で希望を必ず叶えます。」とはっきり言って頂いたので安心でした。

定期的にフォーレストのスタッフに会いたくなって、用事もないのに電話してしまうと話すMさんご夫婦。作り手との信頼関係の高さがうかがえます。

取材・文 米田敦朋(A LINE INC)