DATA

データ

土地面積342.44(103.58坪)

住居面積128.52 (38.87坪)

Gate Garage®面積25.48(7.70坪)

住所京都府福知山市

完成年月日2018年6月

CONCEPT

コンセプト

草原に現れた現代の地上絵。
福知山市のかやの台分譲地、こちらも土地面積100坪超での計画です。車に趣味のバイク、アウトドア用品も格納できるシャッターガレージ、開放的な吹き抜けの下で読書を楽しむリビングライブラリー、緑の中庭を眺められるバスルーム、L型デッキから続く広々とした南の庭ではお昼間はもちろん、星空の下でグランプBBQも楽しめます。選んだこの土地でしかできない、この住まいだからこそ実現できた、"たった1つ"がたくさん詰まった住まいが誕生します。

DESIGN OVERVIEW

設計概要

敷地は丘陵地の分譲区画のうち南北の2区画を合わせた場所で、南北に面する道路に加え、東面にも生活道路が接し、3面に開かれた場所です。3面の道路とはなだらかな高低差があり、全体を法面で吸収しながらつながるようで、その中心に2階建のキューブを配することからイメージが広がりました。核となるキューブは、少し角度を振ることにより、そのオブジェ的な存在感を醸し出しつつ、そこから南には和室のボックスが軽やかな軒と地上から浮いた地床と併せて突出し、北には玄関やシャッターガレージの塊が付随しています。また、キューブに内包された家族室の2層分の吹抜空間は、ダイナミックな構成と上下階の一体感を担っています。そしてこのキューブを振ったことにより、和室との入隅に面した開口部とデッキは、緩やかに内外の空間をつなげています。なだらかな丘に存在する矩形は、家々が建ち込んでも佇み存在し続けることでしょう。

WORKS LIST