DATA

データ

土地面積172.59(52.20坪)

住居面積112.62(34.06坪)

住所京都府福知山市

完成年月日2018年4月

CONCEPT

コンセプト

北と南、2つのテラスをもつ住まい。
福知山市篠尾新町。便利な街中にできた分譲住宅地をお施主様と一緒に区画を選定するところから計画が始まりました。理想の暮らしを目指していくお打ち合わせを重ねながら一緒に選んだ土地では、住まいの完成後こんな暮らしが始まります。大切なお客様を住まいの顔としてのパブリックなテラスで迎え入れ、ご家族やご友人と朝食からBBQ、おうちカフェまでをプライベートなテラスで楽しむ。そんな2つのテラスをもつ住まいです。

DESIGN OVERVIEW

設計概要

福知山市の新たに区画分譲された敷地のうち、南道路に面した計画です。この家には「舞台」があります。通称リビングとされる空間には、板間の上に矩形のヘリナシタタミが4枚置かれているだけという、TVも何もないシンプルな構成から始まりました。それはある種、神秘的でもあり、非日常のような演出をも踏まえた、つまりは内なる舞台として意味づけています。そしてその内なる舞台を南北で挟み込むように、タイルで構成された外なる舞台が設けられています。これは内外がつながることでの空間の広がりは基より、内と外の対比と併せて、タタミの「和」とタイルの「洋」が対比していることも趣として込められています。まずはご夫婦お二人から始まり、これからこの舞台という空間を基盤として、ここに住むご家族にとっての日常が重ね続けられることを想いながら・・・

WORKS LIST