DATA

データ

土地面積168.79(51.05坪)

住居面積123.01(37.21坪)

Gate Garage®面積20.78(6.28坪)

住所京都府綾部市

完成年月日2016年11月

CONCEPT

コンセプト

凹凸のシルエットが美しい住まい。
慌しくも楽しい子育て期間の毎日を効率的に過ごせる家事動線や、家族各々の生活時間帯によって変わる使い方や過ごし方にも対応した間取りとなっています。空間に広がりを与えるリビングや各個室の出窓が 大きく前へ張り出したゲートガレージ®とともに外観をより美しく特徴的に形取っています。

DESIGN OVERVIEW

設計概要

敷地は雛壇状の分譲地の一画で、周囲には山の緑が萌え、青空との対比が美しい街です。建物は道路から一層目にレベル差を利用したGate Garage®とアプローチ、玄関、庭といったパブリックなゾーンを配し、その奥の二層目となるプライベートなゾーンに居住スペースを設け、プライバシーを確保しつつ、光と風を室内に採り込んで開放的な環境を形成しようとしています。また、間接照明を仕込んだ高天井の家族室を中心にタタミ空間や水周りのスペース、浮遊した階段や庭とつながるデッキ空間、今回、敷地の厳しい法的条件からアイデアが生まれた出窓形態のTV台など、日常を彩る仕掛けが散りばめられています。そして、2階の均等にデザインされた出窓は、まさしくこの家の顔の特徴となっています。白い磁器のような層が重なり合うように、この住まいの家族の時間が重なり続け、やがて硬い絆となることを願って。

WORKS LIST