DATA

データ

土地面積247.23屐74.78坪)

住居面積137.44屐41.57坪)

住所福井県若狭町

完成年月日2012年4月

DESIGN OVERVIEW

設計概要

敷地は北西側に道路、東南を隣地で囲まれた一般的に住環境には厳しいとされる状況です。 でも、この敷地を初めて見た瞬間から、ここにはこんな家がいいのでは?という具体的なイメージが浮かんでいました。 南や東には隣家が建つものの、幸いにも北に広がる遠景は、絶好の空間演出につながることも確信していました。 そんなファーストイメージに、住み手のご家族も快く賛同いただき、実現することとなりました。「逆転の発想」とは・・・地表面での日照は厳しく、プライバシーの確保も考慮した上で、家族室を2階に設けて地上から浮遊させています。更に屋根形状を生かした勾配天井とすることで、周囲の視線を気にすることなく、南の空を仰ぐ高窓を連ねた内部空間を構成しています。 家族室からの目線の位置には、風景をパノラマ状に切り取るピクチャーウィンドゥを配し、北へ広がる遠景へとせり出す玄関上部を利用して、デッキ空間が外とのつながりを強調させています。 この勾配天井を持つ家族室は、平面上の広さ以上の広がりを持ち、併設する水廻りスペースの上部には、ご主人こだわりのロフト空間をも確保しています。個室を配した1階は、自然と壁量が増え構造強度を増すと同時に、各々が孤立しにくいようにくつろぎのエントランスサロンを非日常的な居住空間として挿入し、上下階とそして外と内をつなぎとめています。 玄関はダブルエントランスとなり、人と車からの動線を完全分離。 そこから同じ床素材でせり上がるエントランスサロンは、ここに住む家族の他、来客者をもてなすスペースとして、その存在感を醸し出しています。そんな数々の逆転の発想から生まれたこの家には、既成概念に捉われない新しい日常の時間がゆったりと流れることを祈っています。

WORKS LIST